本川越の美容室/自宅とお店のブリーチの違い

2020/05/08

本川越の美容室レジュールです。

コロナでまだまだ自粛生活は変わらずですが、最近はもうだんだん暑くなり、春夏気分になってきました。

夏になると秋冬カラーから明るくされる方も多いと思います。自粛期間にホームカラーをされる方も多くなってしまいますが、その中でもホームカラーのブリーチをさせる方もいらっしゃいます。ブリーチ剤は髪の毛の性質を壊しながら、色を脱色していきます。ダメージを伴いながら色もかなり明るくしていくので、通常のホームカラーに比べダメージ、色ムラは何十倍もリスクが伴っていきます。

自宅でブリーチを使っていくと、抜ける箇所と抜けない箇所は大きく差が出てくるので毛先が暗く抜けてしまったりオレンジ味、赤味が強く出てきてしまいます。

通常ブリーチ後は根元が特に色が入りずらく、自宅カラーでは塗り分けが出来ない分、上から乗せていくカラーも自宅ブリーチ後は色が入りずらいです。

美容室でおこなっていくブリーチは、ダメージを考え見ながら塗り分け、ダメージレベルを軽減できるケアブリーチが主になってきています。しっかりと美容師が見て判断をし上からのせるダブルカラーも色味、ダメージを考えていけるので安心です。

一度自宅でブリーチを使ってしまうと確実にムラが残ります。

まだ美容室に行くのを控えているお客様はあと少し我慢して頂き、美容室をお考えの方は是非レジュールへお越し下さい!!

春夏カラーご提案させて頂きますので、宜しくお願い致します!!